自由党岡山県総支部連合会

安倍首相の「加計・森友疑惑隠し解散」に対して、野党共闘で政権交代も可能なチャンスでもある。一方、野党内は「希望の党、日本維新の党」と「共産党、立憲民主党、社民党」の2つの勢力に分かれる構図になりつつあるように見える。

政権与党は、前回の総選挙で2019年の消費税引き上げは延ばさないことを掲げて選挙を勝ち抜いた。しかし現状では、地方や中小企業に増税の理解を頂くのは難しい。安保法制の行方や原発をどうするかも大事な争点だ。

野党各党それぞれの動きが出ていますが、だからこそ、安倍政権を倒すという一点では一致させないといけない。まさに「結集」が必要です。

自由党岡山県連の皆様におかれましては、上記をご理解頂き各地域で、頑張って頂きますよう宜しくお願い致します!

平成29年10月  自由党岡山県総支部連合会代表 姫井由美子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です